心身ともに健康を維持するためには良質な睡眠を確保する必要があります。では、良質な睡眠を確保するために必要なこととは何でしょうか。

体内時計って何?~身体のリズムを整えること~

私たちは、通常朝起きてから夜寝てまた起きるという生活リズムを24時間のサイクルで行っています。

これは、生物が長い年月をかけて作り上げてきたものであり、この遺伝子が私たちの身体の中にも組み込まれています。

この24時間のサイクルを体内時計と言います。

しかし、体内時計は確実に24時間というわけではなく、人により数分~数十分の差があります。

そのため毎日その時間差をリセットする必要があります。それに必要なものが睡眠です。

リセットされないことで体内時計は地球の周期と徐々にずれを生じ、不眠になってしまいます。

またこの体内時計は睡眠に影響するホルモンやその他のホルモン分泌、体温調整や、代謝などにも大きく関わるのです。

では体内時計を調整するために必要なこととは何でしょう。

体内時計を整える

ずばり!体内時計を整えるには朝起きて夜は睡眠するという生活を送れば良いのです。

その中で朝と夜に実践してもらいたいことがあります。

夜の習慣作り

・夕方になり、あたりが暗くなってくると、睡眠ホルモンといわれるメラトニンが分泌され始め、眠りの準備が始まります。

メラトニンはリラックスしているときにも分泌が促進されるため、睡眠の環境作りが必要です。

照明をおとしてアロマを焚いてみるなど自分なりのリラックス方法をみつけみては!?

・食事後すぐに寝ると、胃の働きが活発な状態のため良質な睡眠を得られません。食事はできるだけ就寝3時間前には済ませましょう。

また大豆、鶏肉、卵などのタンパク質は、メラトニンの分泌を促進させるので積極的に摂取しましょう。

朝の習慣つくり

まず、朝起きて太陽の光を浴びます。

光を浴びることメラトニンの分泌がストップされるのですっきりと目覚められるでしょう。

また体内時計をリセットしてくれるのでリズムが整えられ、不眠の解消にもつながります。

そして朝に何か楽しいスケジュールを作りましょう。

そうすると夜更かしすることなく、次の日の朝に向けた行動ができるようになります。

もし仕事を遅くするなら諦めて夜はしないで朝することです。(むしろ朝仕事をするほうが脳内の記憶、集中力を向上させる物質の分泌が活発になっているので効率UPです。)

他にも人生を充実させる方法をご紹介していますので詳しくはこちらのページもご覧ください。

人生を充実させる10の方法と習慣~幸せのための第一歩~