優先順位とは、「ものごとが優先される順番のこと」を言います。

複数の課題を与えられたとき、どれを最優先に行うべきか、抽出して優先順位を立て処理していかなければなりません。

その場面はあらゆる場面で起こり得ることです。

しかしながら、優先順位を立てるのは、難しいですよね。

本当にこの選択で良いのか・・・。と悩むこともあると思います。

皆さんはどのように優先順位を決めていますか。

優先順位を立てるときのポイント

優先順位

優先順位を立て行動することで、必要なこと、不必要なことも見いだせることができますし、結果的に効率UPにつながることができます。

しかし、誤った順番で作業を行うことで、かえって効率が悪くなったりすることもあります。

的確に優先順位をたて行動できるようになれれば良いと思いませんか?

ここでは優先順位をつけるときに役立つポイントをご紹介させていただきます。

優先順位をつけるとき、緊急性を考える

優先順位を決めるときに、どちらを選んだら良いのか悩んだとき「それは緊急性があるのか、ないのか」を自分に問いかけてみてください。

緊急性とは今すぐにでも対処し、解決したい内容ですよね。

すぐに対処しなければ大きな損害となる場合もあります。

あと一歩早ければと後悔しても遅いのです。

周りの信用をなくしてしまう恐れもあるのです。

後に回してもリスクのないものは後回しでも良いのです。

先ず、すぐに対処しなければいけないのは何なのかを選択するようにしましょう。

優先順位をつけるとき、重要性を考える

いくつかの案件があるとき、何から手を付けて良いのか迷いますよね。

その場合、その案件は重要なのかどうかを考えます。

もし悩んだ時には、これをしておかないことでどれだけ不利になるかを考えてみてください。

そうすると、自ずと選択できるようになります。

自分のスケジュールを把握しておくことで緊急時の焦りが少なくなる

スケジュール

皆さんは、優先順位を立てるときに焦って優先順位を立ててしまって、後になって「先にこれをやっておけばよかったな。」と思うことはありませんか。

焦ってしまうのは、選択を強いられて、適切な判断材料がなく、かつ判断しなければいけない時間が少ないときに、多くの人が焦りを感じてしまうのかと思います。

焦りは判断力を鈍らせることにつながる場合があります。

できることならばこのような事態は避けたいと誰しもが思うでしょう。

では、このような事態にならないためには、どうすれば良いのでしょうか。

1日のスケジュールを把握しておく

1日のスタートが始まる前に予めスケジュールの再確認をしておきます。

その際に確実に何をしなければいけないのかという到達目標を立てておきます。

そしてどのような流れで行えば効率が良いのか、ということをイメージトレーニングしながらスケジュールの内容を再確認していきます。

疑問点や、不安点があれば予め学習しておくこともできますし、自信のないことは誰かに相談し解決しておくこともできます。

それだけで、心のゆとりは大きく変わるでしょう。

スケジュールの内容の中で緊急度と優先度をつけておく

1日のスケジュールの確認をしたら、到達目標と照らし合わせながら、何が重要なのか、何が優先度が高いか考えながらスケジュールの確認をしておきます。

そうすれば突然優先順位を立てないといけない場面に遭遇したとしても、心に余裕をもって優先順位を立てることが出来るようになります。

どうしたらいいのかわからなくなったら

以上のことを心がけていても、どうしても判断ができないことはあるかと思います。

そんな時はどうしたら良いのでしょうか。

相談できる相手を作っておく

どうしても優先順位がつけられないときは、上司や先輩など相談できる相手を見つけておきましょう。

あせってわからないまま仕事を進めていって、結果損となってしまっては、もともこうもありません。

頼りになる上司、先輩に相談できる環境があると思うだけも心にゆとりができますよね。

相談できる相手がいると思うだけでも、あせり、不安が少しでも緩和されるものです。

優先順位を的確に行うことで効率もまし、周りからの信頼も大きくなるでしょう。

充実した人生を送る第一歩となるのでは!?