腸内環境について

消化や吸収をしてくれる胃や腸は他にもたくさんの役割を果たしています。

腸内環境を整えるということは消化吸収の促進や腸内で作られている免疫機能、美容等にも大きく関わります。

腸には悪玉菌と善玉菌があり、この2つのバランスが腸内環境を整えるためにおおきな役割をは果たしています。

ここでは腸内環境について説明させていただきたいと思います。

悪玉菌について

悪玉菌とは食生活の乱れ(欧米型の食生活)、ストレス、加齢等の原因により増えていきます。

この悪玉菌は有害物質を生み出すのです!

有害物質は腸内で吸収され体内に送られ蓄積されていきます。これを聞いただけも怖いですよね。

そしてこれによってもたらす影響とは・・・・。

・肌荒れ⇒血液を介して毒素が全身に回るので肌にもダメージを与えます。    

・免疫力低下⇒免疫システムをになうリンパ球は小腸、大腸に最も多いといわれています。

腸内環境が崩れることで免疫の働きが低下するため、感染症にかかりやすくなったり、発癌の原因、アレルギーの原因ともなります。

・生活習慣病⇒代謝がスムーズに行われなくなるので肥満の原因ともなります。

・便秘→腸の動きが悪くなり便秘が治りにくくなります。

など、全身に様々な影響があるのです。関係ないと思っていたけれど、あなたに今まで出ていた症状の原因は腸にあったのかもしれませんね!

善玉菌について

善玉菌は悪玉菌の増殖を抑えます。

また、善玉菌は悪玉菌と戦うことでよりその効果を発揮するので善玉菌が多く悪玉菌を少ない腸内環境を作ることが大切なのです。

そして善玉菌の効果とは。

・整腸作用⇒大腸にある善玉菌のビフィズス菌は、腸の動きを促してくれます。そのため自然に便意を感じ便秘を解消してくれます。  

・代謝促進⇒食物の消化吸収や栄養の体内の吸収を促します。また腸内でビタミンを産生する働きを促します。
    
・花粉症やアトピー性皮膚炎の改善⇒善玉菌が増殖することで免疫機能が正常に働くため症状の緩和につながります。
    
・美肌効果⇒老廃物や毒素の排出により肌をきれいに保ちます。
    
・ストレス軽減⇒小腸ではセロトニンと呼ばれるホルモンが生成され、気持ちを落ち着かせる作用があります。善玉菌が多くなると小腸の働きをよくしてセロトニンの生成を促進させます。
   

善玉菌を増やす食材

    
・発酵食品⇒味噌、酢、ぬか漬け、キムチ、納豆、チーズなど
    
・オリゴ糖(善玉菌であるビフィズス菌はオリゴ糖を餌にしているので善玉菌の増殖を促す。)⇒大豆、ゴボウ、アスパラガス、玉ねぎ、ニンニク、バナナなど
    
・ヨーグルト
    
・食物繊維⇒わかめ、ヒジキ、もずく、ゴボウ、千切り大根、果物など
     
    
善玉菌は食事で摂取したからといってずっと腸にとどまるわけではありません。

腸内で働いている時間は10時間程度(個人差あり)であり、その後は腸内を通過して排泄されます。

そのため継続して善玉菌を含む食材を摂取することが大切です。

継続して摂取していれば善玉菌が体内で増えていきます。今ではたくさんのレシピも公開されています。
   
ぜひいろいろな食材を組み合わせて腸活をしていきましょう!

まだまだ人生を充実にするための習慣作りについてご紹介させていただいていますので是非目を通してみてください^-^